close

2023.02.07

【2023】東京の高級ホテルブッフェ11選!おすすめランチを豪華なレストランで

ブッフェスタイルで楽しめる、東京都内のホテルランチ11選をご紹介します!

こだわりの料理、色鮮やかなデザート、ライブ感覚のオープンキッチンなど、趣向を凝らした至福のランチはいかがですか?

豊富なメニューと洗練されたサービスはホテルならでは。きっと満足できるランチタイムへご招待します。

※紹介した料理は季節や仕入れにより変更となる場合があります。詳細は公式サイトをご確認ください。

※この記事は2023年1月23日時点での情報です。休業日や営業時間など掲載情報は変更の可能性があります。

記事配信:じゃらんニュース

帝国ホテル 東京 【千代田区】

“バイキング”発祥のレストランで伝統の味を楽しむ

(画像提供:帝国ホテル 東京)

1890(明治23)年開業という歴史を誇る「帝国ホテル」。1958(昭和33)年、日本で初めて「好きなものを好きなだけ味わう」という“バイキング”のスタイルを生み出したのは、ここ帝国ホテル東京です。

本館17階の「インペリアルバイキング サール」は、伝承を継承しつつ“新しいバイキングスタイル”を追求。テーブル上のタブレット端末で料理を注文できるというシステムの導入など、バイキングのライブ感を生かしながら、さまざまな改良を重ねています。

(画像提供:帝国ホテル 東京)

店内のオープンキッチンでは、温野菜を添えたローストビーフやエスカルゴ、焼きたての香ばしいパイ料理など、熱々メニューをシェフが目の前で仕上げてくれます。

「帝国ホテル伝統のポテトサラダ ミモザ風」や「野菜たっぷり伝統のカレー」など、ホテル伝統の味も楽しめます。

また、帝国ホテル東京ならではの特別なプランが「バイキングコンシェルジュと学ぶテーブルマナー」。コンシェルジュの案内のもと、コース仕立ての食事を楽しみながら、バイキングの歴史や上手な料理の取り分け方、テーブルマナーなどを教えてくれます。

伝統のスタイルを守りつつ、バイキングをもっと楽しんでほしいというホテルの想いが感じられ ますね。

■帝国ホテル 東京 「インペリアルバイキング サール」
[住所]東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテル 東京 本館17階
[営業時間]【ランチブフェ】11時~15時【バイキングコンシェルジュと学ぶテーブルマナー】1部:12時~14時、2部:12時30分~14時30分 ※変更の場合あり。詳細は公式サイトを要確認
[定休日]なし
[料金]ランチブフェ【平日】大人8800円、4歳~12歳5300円【土・日・祝 】大人11000円、4歳~12歳6600円、バイキングコンシェルジュと学ぶテーブルマナー【平日】大人9700円、4歳~12歳5800円【土・日・祝】大人12100円、4歳~12歳7300円 ※サービス料別途15%
[アクセス]都営地下鉄内幸町駅より徒歩3分、東京メトロ日比谷駅より徒歩3分、銀座駅より徒歩5分
「帝国ホテル 東京」の詳細はこちら
「帝国ホテル 東京」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:帝国ホテル 東京)

ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 東京汐留【港区】

地上100mの眺望とともに楽しむ贅沢ランチ

(画像提供:ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 東京汐留)

新橋駅から地下道でアクセスできる「ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 東京汐留」。その24階にあるメインダイニング「ハーモニー」は、朝食からランチ、ディナーまで楽しめるオールデイダイニングです。

(画像提供:ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 東京汐留)

大きな窓からは緑豊かな浜離宮庭園などを見渡すことができ、地上約100mからの眺望とともに食事を楽しめます。

ランチタイムは、季節ごとに内容が変わる「アイコニックランチコース(前菜・デザートワゴンブッフェ)」を提供。前菜、サラダは席まで持ってきてもらえて、スープ、メインディッシュは好きなものを選ぶというスタイルです。

(画像提供:ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 東京汐留)

2023年3月9日までのメニュー(上の写真)では、おかわり自由な前菜は「海老とアボカドのカクテル クスクス添え」「烏賊の柚子風味とほうれん草の和風マリネ」など6種類が用意されています。

スープは「自由が丘イタリア街 鶏肉と野菜 ニョッキのズッパベルデ」など3種類から、メインディッシュは「ローストビーフ ハーモニースタイル」「岩中豚のハーブグリルとポテトのローズマリートースト」など4種類からそれぞれ1品チョイスできます。

デザートワゴンブッフェには色とりどりの華やかなデザートが6種!前菜、デザートはワゴンから自由におかわりできます。

■ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 東京汐留 オールデイダイニング「ハーモニー」
[住所]東京都港区東新橋1-6-3 ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 東京汐留24階
[営業時間]【ランチ】11時30分~LO 14時
[定休日]なし
[料金]アイコニックランチ4500円など ※サービス料込み
[アクセス]JR・都営地下鉄新橋駅より徒歩3分、東京メトロ新橋駅より徒歩5分、ゆりかもめ汐留駅より徒歩1分など
「ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 東京汐留」の詳細はこちら
「ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 東京汐留」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 東京汐留)

ウェスティンホテル東京【目黒区】

開放的なダイニング。テラス席でのランチも堪能

(画像提供:ウェスティンホテル東京)

恵比寿にある「ウェスティンホテル東京」1階のインターナショナルレストラン「ザ・テラス」は、1日を通じて料理を提供するオールデイダイニングです。国際色豊かなできたての料理をブッフェスタイルで味わえます。

(画像提供:ウェスティンホテル東京)

ライブ感あふれるオープンキッチンでは、ランチに登場するローストポークをその場で豪快に切り分けるパフォーマンスなども楽しめます。オードブルやメインディッシュ、各国のヌードルやデザートなど、バラエティに富んだ料理が並びます。

(画像提供:ウェスティンホテル東京)

デザートはエグゼクティブペストリーシェフが腕を振るった多彩なスイーツたち。タルトやシュークリーム、プリンなど、種類が豊富なのが嬉しいところ!

(画像提供:ウェスティンホテル東京)

初夏から秋口にかけては、オープンエアのパティオも登場します。心地良い風を感じながら、特別なランチのひとときを体験できます。

■ウェスティンホテル東京 インターナショナルレストラン「ザ・テラス」
[住所]東京都目黒区三田1-4-1 ウェスティンホテル東京1階
[営業時間]【平日】11時30分~14時【土・日・祝】12時~13時45分、14時15分~16時(2部制)
[定休日]なし
[料金]ランチブッフェ【平日】大人5700円、4歳~12歳3000円【土・日・祝】大人6700円、4歳~12歳3000円など ※変更の場合あり。詳細は公式サイトを要確認
[アクセス]JR恵比寿駅より徒歩7分、東京メトロ恵比寿駅より徒歩10分
「ウェスティンホテル東京」の詳細はこちら
「ウェスティンホテル東京」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:ウェスティンホテル東京)

グランド ハイアット 東京【港区】

フランスの伝統的なビストロ料理をスタイリッシュにアレンジ

(画像提供:グランド ハイアット 東京)

六本木ヒルズの一角にある「グランド ハイアット 東京 」。その2階にある「フレンチ キッチン」は、フランスのビストロ料理をアレンジした料理が楽しめるオールデイダイニングです。オープンキッチンからは調理中の音や香りまでが伝わってくるライブ感!

(画像提供:グランド ハイアット 東京)

季候の良い時期には、テラスでも食事をすることが可能です。

(画像提供:グランド ハイアット 東京)
(画像提供:グランド ハイアット 東京)

「ランチブッフェ」では、冷菜、肉料理、魚料理、デザートまで、季節の彩りを生かした約30種類ものメニューが用意されています。

日替わりのポークやチキンは、ロティサリーで香ばしく仕上げた焼き立てをテーブルまでサーブしてもらえます。

(画像提供:グランド ハイアット 東京)

食後は、洋菓子の世界大会で優勝・受賞経験を持つパティシエを輩出しているペストリーチームによるデザート。デザートステーションにケーキやタルト、グラスデザートなどがずらりと並ぶ様子はテンションが上がる華やかさ!

■グランド ハイアット 東京 オールデイ ダイニング「フレンチ キッチン」
[住所]東京都港区六本木6-10-3 グランド ハイアット 東京2階
[営業時間]ランチブッフェ【平日】11時30分~15時(LO14時30分)【土・日・祝】11時30分~15時30分(LO15時)
[定休日]なし
[料金]【平日】1人4730円【土・日・祝】1人7150円(グラスシャンパン1杯付)、1人10010円(ドリンクフリーフロー付)※サービス料別途15%
[アクセス]東京メトロ六本木駅より徒歩3分、都営地下鉄六本木駅より徒歩6分
「グランド ハイアット 東京」の詳細はこちら
「グランド ハイアット 東京」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:グランド ハイアット 東京)

ホテルメトロポリタン 丸の内【千代田区】

東京駅直結の“天空のダイニング”で味わうランチ

(画像提供:ホテルメトロポリタン 丸の内)

東京駅日本橋口に直結した「ホテルメトロポリタン 丸の内」。27階にあるダイニング&バー「TENQOO(テンクウ)」は、東京駅上空120mからの眺望が楽しめる、その名の通り“天空のダイニング”です。

店内には伝統のガラス細工「江戸切子」が点在し、大都会のモダンさの中に伝統がミックスされた雰囲気です。

(画像提供:ホテルメトロポリタン 丸の内)
(画像提供:ホテルメトロポリタン 丸の内)

ランチは主に3つのコースメニューがあり、その中から、前菜とサラダをブッフェスタイルで楽しむコースも選ぶことができます。

「【前菜&サラダビュッフェ】TENQOOランチ メインディッシュセット」では、「柔らかく煮た国産豚ばら肉と江戸菜のからみそ風味」「海老・イカ・タコ・帆立貝柱と彩り野菜のマリネ」など、約18種類の前菜やサラダが楽しめます。

その他、フレンチだけでなく世界各国の料理のアレンジや味付けなどを取り入れた前菜に心が躍ります。

(画像提供:ホテルメトロポリタン 丸の内)

前菜&サラダを好きなだけ楽しんだ後は、本日のミニパスタ、香ばしく焼き上げた魚または肉料理のメインディッシュなど、その日のメニューからお好みをチョイスできます(上の写真 ※内容が変わる場合あり)。

最後はパティシエ特製デザートとTENQOOオリジナルブレンドのコーヒー、または紅茶で締めくくる大満足のラインナップです。

■ホテルメトロポリタン 丸の内「TENQOO」
[住所]東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー27階
[営業時間]【平日】11時30分~15時30分(LO14時)【土・日・祝】11時30分~16時(LO14時30分)※詳細は公式サイトを要確認
[定休日]なし
[料金]【前菜&サラダビュッフェ TENQOOランチ メインディッシュセット】平日3900円、土・日・祝4200円 ※サービス料込み ※その他詳細は公式サイトを要確認
[アクセス]JR東京駅日本橋口直結、東京メトロ大手町駅より徒歩1分
「ホテルメトロポリタン 丸の内」の詳細はこちら
「ホテルメトロポリタン 丸の内」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:ホテルメトロポリタン 丸の内)

東京プリンスホテル【港区】

都心の緑豊かな空間で味わう、落ち着いたランチブッフェ

(画像提供:東京プリンスホテル)
(画像提供:東京プリンスホテル)

芝公園の豊かな緑に囲まれた「東京プリンスホテル」の3階にある「ブッフェダイニング ポルト」は、庭園を眺めながら食事ができるオールデイダイニング。朝食からランチ、ディナーまで、ブッフェスタイルで多彩な料理を楽しめます。

(画像提供:東京プリンスホテル)

ランチメニューでは、彩り豊かなサラダバーから、温製料理、さらに和食や中華まで種類は豊富!

一例を挙げると、「塩麹でマリネしたローストビーフ」「ポルトおすすめのクミン香るビーフカレー」など自慢のシグネチャーメニューや、大きなグラナパダーノ(チーズ)の中で仕上げたスパゲッティなど、バラエティーに富んだメニューが並びます(※写真はイメージ。季節によってラインナップが変わります)。

(画像提供:東京プリンスホテル)

デザートコーナーには、ジェラートやケーキなど、少しずつたくさんの種類が味わえるスイーツがいっぱい。作りたてを提供してくれる「生絞りモンブラン」もあります。

個室(最大24名まで)もあるので、様々なシーンで利用できそうですね。

■東京プリンスホテル「ブッフェダイニング ポルト」
[住所]東京都港区芝公園3-3-1 東京プリンスホテル3階
[営業時間]ランチブッフェ【1部】11時30分~【2部】12時~【3部】13時30分~ ※各90分制。詳細は公式サイトを要確認
[定休日]なし
[料金]ランチブッフェ【平日】大人4300円、小学生2800円、4歳~未就学児2100円【土日祝】大人5000円、小学生3500円、4歳~未就学児2500円など ※2023年3月中旬変更予定 ※サービス料別途13%
[アクセス]都営地下鉄御成門駅より徒歩1分、JR浜松町駅より徒歩10分
「東京プリンスホテル」の詳細はこちら
「東京プリンスホテル」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:東京プリンスホテル)

浅草ビューホテル【台東区】

グリル料理、中華、和食までライブクッキングで楽しめる

(画像提供:浅草ビューホテル)

下町のにぎやかさと粋な風情が漂う「浅草ビューホテル」。26階にある「スカイグリルブッフェ 武藏」では、ライブクッキングによる出来たての料理をブッフェスタイルで楽しめます。

(画像提供:浅草ビューホテル)

「武藏」の自慢は、富士の溶岩石を使った「武藏窯」によるグリル料理。牛・豚・鶏・羊・魚介まで、素材の味を最大限に引き出してジューシーに焼き上げることができます。

(画像提供:浅草ビューホテル)

その他、日本料理・中国料理・スイーツなどまで料理は多彩。パルメザンチーズとあえたもちもちの生麺パスタ、季節の新鮮野菜しゃぶしゃぶ、揚げたての串揚げも味わえます。“お一人様1皿限定”のプレミアムシェフズディッシュなども登場!(上の写真一例)

(画像提供:浅草ビューホテル)

デザートコーナーにはパティシエ特製のスペシャルスイーツがずらり。プレミアムシェフズディッシュのスイーツ(上の写真一例)などは狙い目です!季節により内容が変わるので、公式サイトをぜひチェックしてみてくださいね。

■浅草ビューホテル「スカイグリルブッフェ 武藏」
[住所]東京都台東区西浅草3-17-1 浅草ビューホテル26階
[営業時間]ランチ(各90分制)【平日】11時30分~15時(Last In 13時30分)【土・日・祝】1部:11時30分~13時、2部:13時30分~15時
[定休日]なし
[料金]ランチ【平日】大人4900円、シニア(75歳以上)3900円、小学生3400円、3~5歳900円【土日祝】大人5900円、シニア(75歳以上)4900円、小学生4100円、3~5歳1200円 ※サービス料込み ※季節により変更あり。詳細は公式サイトを要確認
[アクセス]つくばエクスプレス浅草駅より徒歩1分(直結)、東京メトロ田原町駅より徒歩7分など
「浅草ビューホテル」の詳細はこちら
「浅草ビューホテル」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:浅草ビューホテル)

ヒルトン東京お台場【港区】

心も体も元気になれるバラエティ豊かなランチブッフェ

(画像提供:ヒルトン東京お台場)

「ヒルトン東京お台場」のロビーフロアにある「シースケープ テラス・ダイニング」は、日中には明るい光が差し込み、夕暮れ以降は夜景も一望できる、ウォーターフロントの開放感にあふれたオールデイダイニングです。

(画像提供:ヒルトン東京お台場)

料理のキーワードは、“フレッシュ、ビューティー、ヘルシー、パワー”。多彩な料理が季節ごとにテーマを変えて登場します。

2023年3月末までは豊かな食材に恵まれた「北海道フェア with ストロベリースイーツ」を開催。肥沃な大地と豊富な海の幸に彩られた“北海道の味”がずらり勢ぞろい!

(画像提供:ヒルトン東京お台場)
(画像提供:ヒルトン東京お台場)
(画像提供:ヒルトン東京お台場)

「オホーツク北見塩やきそば」「スパカツ」「花咲ガニの鉄砲汁」(上写真3点)など、シェフが腕によりをかけたご当地料理が並びます。スパカツは週末のみ、花咲ガニの鉄砲汁は平日のみ(数量限定)の提供で、変化が楽しめそう。

(画像提供:ヒルトン東京お台場)
(画像提供:ヒルトン東京お台場)

デザートエリアにはパティシエが作り上げる魅惑のいちごスイーツがずらり!時期によってさまざまな品種のいちごを仕入れています。希少な黒いちご「真紅の美鈴」と白いちご「淡雪」(上の写真)の食べ比べは、ランチのみで楽しめるテーブルサービス。

「シースケープ テラス・ダイニング」では季節に応じてさまざまなフェアを開催しています。ぜひ公式サイトをチェックしてみてくださいね。

■ヒルトン東京お台場「シースケープ テラス・ダイニング」
[住所]東京都港区台場1-9-1 ヒルトン東京お台場2階
[営業時間]ランチブッフェ【1部】11時30分~13時【2部】13時30分~15時 ※各90分制
[定休日]なし
[料金]ランチ【平日】大人5800円、小学生3480円【土日祝】大人6300円、小学生3780円 ※サービス料込み
[アクセス]ゆりかもめ台場駅より徒歩1分(直結)、りんかい線東京テレポート駅より徒歩約10分
「ヒルトン東京お台場」の詳細はこちら
「ヒルトン東京お台場」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:ヒルトン東京お台場)

グランドプリンスホテル新高輪【港区】

“コース料理のように楽しめる”がコンセプトの新感覚ブッフェ

(画像提供:グランドプリンスホテル新高輪)

「グランドプリンスホテル新高輪」にある「ブッフェ&カフェ スロープサイドダイナーザクロ」は、品川駅から続く柘榴坂(ざくろざか)に面したブッフェレストラン。大きな窓とテラス席が開放的な雰囲気です。

(画像提供:グランドプリンスホテル新高輪)

店内には3つのショーキッチンがずらりと並び、出来たての料理たちがライブ感満載で次々と出来上がっていきます。コンセプトは“コース料理のように楽しめる”ブッフェ。お店をめぐるように訪れて、食べたいものを好きなだけ食べられます。

(画像提供:グランドプリンスホテル新高輪)

「シズルキッチン」では、グリル・鉄板焼き・オーブン料理の出来立てを提供。どれをメインにするか目移りしそう。

「セイボリーキッチン」では、低温でじっくりと焼き上げ、旨味を引き出したローストビーフなど自慢の一品から、握り寿司、3種類の味が楽しめるカレーなど、食欲をそそるメニューが並びます。

どちらのキッチンにも専属のシェフが常駐していて、手際よく作り上げる熟練のパフォーマンスも見どころです。

(画像提供:グランドプリンスホテル新高輪)

「ペイストリーキッチン」では、パティシエがサーブするこだわりのジェラートなど、華やかなデザートがずらり!少しずつたくさん味わいたいですね。

(画像提供:グランドプリンスホテル新高輪)

“シグネチャーデザート”のひとつ、しぼりたてのモンブランはぜひ味わいたいところ。見た目も美しく写真映えする一品です。

■グランドプリンスホテル新高輪「ブッフェ&カフェ スロープサイドダイナーザクロ」
[住所]東京都港区高輪3-13-1 グランドプリンスホテル新高輪B1階
[営業時間]【ランチ】11時30分~LO 15時
[定休日]なし
[料金]大人6800円、7歳~12歳4800円、3歳~6歳3800円 ※サービス料別途 ※季節により変更あり。詳細は公式サイトを要確認
[アクセス]JR品川駅より徒歩5分、都営地下鉄高輪台駅より徒歩3分
「グランドプリンスホテル新高輪」の詳細はこちら
「グランドプリンスホテル新高輪」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:グランドプリンスホテル新高輪)

コートヤード・マリオット 銀座東武ホテル【中央区】

モダンなNYスタイルのブッフェで楽しむライブキッチン

(画像提供:コートヤード・マリオット 銀座東武ホテル)

銀座・昭和通り沿いに位置する「コートヤード・マリオット銀座東武ホテル」。1階にある「NYグリル&ブッフェ フィオーレ」は、このホテルのメインダイニングとなるブッフェレストランです。

(画像提供:コートヤード・マリオット 銀座東武ホテル)

店内はモダンでシックな雰囲気。ホテル内の各レストランでは、2カ月に1回テーマカラーを切り替えて季節の移り変わりを演出する“テーマカラープロジェクト”を行っています。

(画像提供:コートヤード・マリオット 銀座東武ホテル)

フィオーレでは、2023年2月末までのテーマカラーに合わせた「ブラウンブッフェ」を提供。三元豚の塩釜焼きやビーフステーキをはじめ、フォーやブン(米粉を発酵させて茹でた丸麺)などのヌードル、ロングパスタや平打ちパスタなどが味わえます。

(画像提供:コートヤード・マリオット 銀座東武ホテル)
(画像提供:コートヤード・マリオット 銀座東武ホテル)

麺やパスタは、「ヌードルステーション」と「パスタステーション」にて、好みの具材やソースを使って自分好みに仕上げることが可能。ライブキッチンでは、目の前で豪快にステーキが焼き上がりライブ感いっぱいです!

(画像提供:コートヤード・マリオット 銀座東武ホテル)

「アジアンテーブル」 では中華や東南アジアのエスニックフードから日本料理まで、多彩なメニューを満喫できます。パティシエが手作りした14種類のスイーツも絶品です!

■コートヤード・マリオット 銀座東武ホテル「NYグリル&ブッフェ フィオーレ」
[住所]東京都中央区銀座6-14-10 コートヤード・マリオット銀座東武ホテル1階
[営業時間]【ランチブッフェ】11時30分~15時 ※詳細は公式サイトを要確認
[定休日]なし
[料金]【平日】大人4800 円、7~12歳2880円、2~6歳960円【土日祝】大人5200円、7~12歳3120円、2~6歳1000円 ※サービス料込み
[アクセス]都営地下鉄・東京メトロ東銀座駅より徒歩3分、東京メトロ銀座駅より徒歩5分
「コートヤード・マリオット 銀座東武ホテル」の詳細はこちら
「コートヤード・マリオット 銀座東武ホテル」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:コートヤード・マリオット 銀座東武ホテル)

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ【港区】

“ヘルシー・ビューティ・フレッシュ”がテーマのランチブッフェ

(画像提供:ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ)

竹芝ふ頭の海沿いに位置する「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ」。9つあるレストランの中の1つ、3階にある「シェフズ ライブ キッチン」は、“ヘルシー・ビューティー・フレッシュ”をコンセプトに掲げたオールデイダイニングです。

(画像提供:ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ)

ランチは“出来たて・楽しい・おいしい”にこだわり、1回90分、11時~と13時~の2部制で行われるブッフェです。

(画像提供:ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ)

オープンキッチンからは料理の音や香りとともに、まるでステージのようなシェフたちの“ライブ感”が伝わってきます!

(画像提供:ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ)

メニュー内容は、シーズンごとに内容が変わる“ヘルシーブッフェ”。ファーストディッシュは料理長おもてなしの「コラーゲンたっぷりの美肌&健康スープ」で、ブッフェの前にテーブルへ届けられます。

2023年3月7日までのメニューでは、貝のエキスを使った「ベーコンと野菜のクラムチャウダー風」(上の写真)。チーズクルトンがサックサク!体も温まります。

(画像提供:ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ)

前菜には「サツマイモフラン りんごとクリームチーズ添え」や「バナナとブルーチーズのシュー」などのチーズのアミューズ、温かいメインでは「ローストポーク ストロベリーソースで」など、シェフの創造性を加えた華やかな料理たちが並びます(メニュー内容は一例)。

(画像提供:ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ)

シェフズ ライブ キッチン自慢のイタリアの家庭料理「パリパリチキン」や、マグロ、イカ、サーモンの握り寿司は定番メニュー!

(画像提供:ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ)

お楽しみのデザートにはアイスクリームやガトー、ベリーヌなど見た目にも美しいものばかり。目の前で絞り出してくれる「しぼりたてチーズクリームモンブラン」(上の写真)は、口の中でとろけるエアリーな食感とクリーミーなおいしさが絶品です!

■ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ「シェフズ ライブ キッチン」
[住所]東京都港区海岸1-16-2 ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ3階
[営業時間]ランチブッフェ【1部】11時~12時30分(LO12時15分)、【2部】13時~14時30分(LO14時15分)※90分制
[定休日]なし ※詳細は公式サイトからの予約時に確認を
[料金]ランチブッフェ【平日】大人4620円、4~12歳2200円【土・日・祝】大人5170円、4~12歳2530円 ※サービス料別途15%
[アクセス]新交通ゆりかもめ竹芝駅より徒歩1分(直結)、JR浜松町駅より徒歩8分、都営地下鉄大門駅より徒歩10分
「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ」の詳細はこちら
「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ)

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。
※掲載の価格は全て税込価格です。

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

Topics

tag

この記事に関連するエリア

この記事に関連するキーワード