close

夏に行きたい【茨城】おすすめ観光スポット32選!定番から穴場まで

2021.07.27

夏に行きたい茨城の観光スポットをご紹介!国営ひたち海浜公園や牛久大仏といった定番はもちろん、じゃらん観光ガイドの口コミで「穴場」「広々としている」という、訪れた人の口コミがあったスポットも。夏休みの計画を立てるときの参考にしてみてくださいね。

※この記事は2021年7月12日時点での情報です。休業日や営業時間など掲載情報は変更の可能性があります。日々状況が変化しておりますので、事前に各施設・店舗へ最新の情報をお問い合わせください。
※口コミはじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました
※掲載スポットは、じゃらんnet観光ガイドの茨城エリアより6月~8月のおすすめランキングで上位のスポットを掲載しています。

記事配信:じゃらんニュース

花園神社【北茨城市】

大杉や川のせせらぎ、滝の音に癒される、歴史深い神社

(画像提供:花園神社)

「花園神社」は平安時代に征夷大将軍の坂上田村麻呂が創建したと伝えられている、歴史ある神社です。

境内に立つ古杉が子を授かり臨月を迎えた母の姿に似ていることから、子宝・安産・夫婦円満・心願成就など、ものを産む御利益があるコブ杉として親しまれ、全国から多くの参拝客が訪れます。

(画像提供:花園神社)

大杉、高野槇の老木が立ち並び、木々の緑の中に朱塗りの楼門や拝殿、本殿が美しく映える様は荘厳。暑い日は、心地よい川のせせらぎや滝の音が涼やかに響き、心地良いですよ。

夏でも生い茂る木々と滝・渓谷のおかげで比較的涼しく、過ごしやすくてオススメです。

(画像提供:花園神社)

渓谷を散策しながら、七つ滝を鎖やロープを使って登り、奥之宮・月山社・男体山社・女体山社と登拝するハイキングコースもあります。

天気が良ければ奥の院峰より海が臨めることも。夏の濃い緑とのコントラストもキレイですよ!

\口コミ ピックアップ/
とても美しい神社でした。風格と威厳があり、自然豊かな場所にあります。静寂な環境も心が落ち着いてよかったです。
(行った時期:2019年7月)

花園渓谷とセットで行きました。 神社の周囲は広大な大自然です。荘厳な境内は北茨城市の歴史そのもので、土地の神を感じることができました。
(行った時期:2019年7月)

■花園神社
[住所]茨城県北茨城市華川町花園567
[参拝時間]24時間可能 ※ご祈祷など奉仕時間は9時~16時30分
[定休日]なし
[料金]拝観無料
[アクセス]【車】常磐自動車道北茨城ICより25分
[駐車場]有(60台・無料)
「花園神社」の詳細はこちら
「花園神社」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:花園神社)

五浦海岸【北茨城市】

「日本の渚百選」にも選出された、5つの入江が連なる海岸

(画像提供:北茨城市 商工観光課)
(茨城大学五浦美術文化研究所)

波に侵食されてできた大小5つの入江が連なり、高さ50mの断崖絶壁が続く「五浦海岸」。

「関東の松島」とも称される景勝地で、日本近代美術の礎を築いた思想家・岡倉天心が愛した土地としても有名です。

7月の平均気温が22.1度と、夏でも比較的涼しく、ドライブやサイクリングにも適しています。涼しい海風に癒されますよ。

(画像提供:北茨城市 商工観光課)
(茨城大学五浦美術文化研究所)

また、天心の遺跡(旧天心邸・六角堂・長屋門)や、天心記念五浦美術館など、見どころもいっぱい!

「五浦岬公園」からは、五浦海岸のシンボルである六角堂や五浦の入り江を一望することができ、多くの観光客が訪れる茨城定番の観光スポットになっています。

ゆっくり散策するのであれば、五浦岬公園~六角堂~天心遺跡記念公園~天心記念五浦美術館のコースがオススメ!

■五浦海岸
[住所]茨城県北茨城市大津町五浦
[アクセス]【車】常磐自動車道北茨城ICより15分
[駐車場]有(15台・無料)
「五浦海岸」の詳細はこちら
「五浦海岸」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:北茨城市 商工観光課)

袋田の滝【久慈郡大子町】

穏やかさと荒々さを併せ持つ名瀑。自然が造る景観を楽しんで

(画像提供:大子町観光協会)

「袋田の滝」は、高さ120メートル・幅73メートルの圧巻の大スケール!

滝の流れが大岩壁を四段に落下することから、別名「四度(よど)の滝」とも呼ばれ、その昔、西行法師が「四季に一度ずつ来てみなければ真の風趣は味わえない」と絶賛したとも伝えられています。

夏は、キラキラと陽光を浴びてダイナミックに踊る水しぶきが鮮やかな虹を描くことも。訪れる人を魅了します。

(画像提供:大子町観光協会)

ゆっくり景色を楽しみたいのなら、水郡線に乗車するのがオススメ。大子町の山々・久慈川を眺めながら、新鮮な空気に包まれリフレッシュする贅沢な時間を過ごすことができますよ。

\口コミ ピックアップ/
トンネルを登っていくと右側から音が聞こえ、半円の空間全部真っ白の水しぶきでした。その後EVで上から見ましたが、最初のインパクトは最高でドキドキしました。
(行った時期:2019年7月)

■袋田の滝
[住所]茨城県久慈郡大子町袋田
[営業時間]【5月~10月】8時~18時【11月】8時~17時【12月~4月】9時~17時
[料金]【大人】300円【子ども】150円
[アクセス]【バス】滝本停留所より徒歩10分【車】常磐自動車道那珂ICより50分
[駐車場]有(有料・無料のどちらもあり)
「袋田の滝」の詳細はこちら
「袋田の滝」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:大子町観光協会)

日立市かみね動物園【日立市】

太平洋を望む動物園。2021年7月にはレッサーパンダ舎がオープン!

(画像提供:日立市かみね動物園)

神峰公園の一角にあり、地元で古くから親しまれている開放感たっぷりの動物園です。

園内には約100種540点の動物たちがいます。中でもレッサーパンダの愛らしい動きは必見!

2021年7月10日(土)には新しいレッサーパンダ舎「レッサーパンダの竹林」もお目見えするので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

他にも、動物たちのもぐもぐタイムといったイベントなどもありますよ。

(画像提供:日立市かみね動物園)

\口コミ ピックアップ/
平日でしたのでとても空いてました。手書きの説明や飼育員さん達の似顔絵付の自己紹介など園内はとてもアットホームな感じです。爬虫類や亀のブースでは色んな種類の生き物が脱皮していて、この生き物も脱皮するんだ!など生き物の生体を知ることも多く大人でも楽しく園内を回ることが出来ました。
(行った時期:2019年7月)

■日立市かみね動物園
[住所]茨城県日立市宮田町5-2-22
[営業時間]【3月~10月】9時~17時【11月~2月】9時~16時15分(入園は45分前まで)※はちゅウるい館は9時30分から開園
[定休日]12月31日・1月1日
[料金]【高校生以上】520円【4歳~中学生】100円【乳幼児・65歳以上】無料
[アクセス]【バス】神峰公園口(かみねこうえんぐち)停留所より徒歩3分
[駐車場]有(約800台・無料)
「日立市かみね動物園」の詳細はこちら
「日立市かみね動物園」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:日立市かみね動物園)

日立シビックセンター【日立市】

ドーム型の天球劇場(プラネタリウム)で壮大な星空の世界を体験

(画像提供:公益財団法人 日立市民科学文化財団)

JR日立駅から徒歩3分の場所にある日立シビックセンター。大きな球体が特徴的な外観は、市のシンボル的な建物となっています。

プラネタリウム(天球劇場)や科学館、音楽ホール、図書館など、多岐に渡る知的文化活動ができる総合施設です。

天球劇場では大きなドームの中で美しい星空、壮大な宇宙を体験することができます。夏の子どもの体験学習の場としても適したスポットです。

ドーム映像番組の上映と星空解説は毎日実施。また、2021年4月にリニューアルオープンした科学館では、子どもから大人まで科学を楽しみながら学べる展示が100種類も!家族でもカップルでも満喫できるスポットです。

(画像提供:公益財団法人 日立市民科学文化財団)

\口コミ ピックアップ/
星の好きな子には良いです。毎回プラネタリウムに行きますが、とてもきれいです。色々なもので遊べるし、楽しいです。
(行った時期:2019年8月)

■日立シビックセンター
[住所]茨城県日立市幸町1-21-1
[営業時間](科学館)9時~17時 ※施設により異なる ※新型コロナウイルス感染症拡大防止対策のため、科学館及び天球劇場については、土日祝日及び繁忙期(夏休み、年末年始、ゴールデンウィーク)の入場は事前予約制となり、午前(9時~12時)、午後(13時30分~16時30分)、各3時間の入替制(最大250人)となります
[定休日]毎月最終月曜日(祝日の場合は開館)、12月28日~1月4日
[料金](科学館+天球劇場セット券)【大人】750円【子供】300円
[アクセス]【電車】JR常磐線日立駅より徒歩3分【車】常磐自動車道日立中央ICより8分
[駐車場]地下駐車場(208台・1時間無料、以降30分毎100円)
「日立シビックセンター」の詳細はこちら
「日立シビックセンター」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:公益財団法人 日立市民科学文化財団)

御岩神社【日立市】

かつては夏のひと月しか入れなかった神聖な御岩山に鎮座する神社

(画像提供:御岩神社)

「常陸國風土記」(721年)に「浄らかな山かびれの高峰(御岩山の古称)に天つ神鎮まる」と記され、古代より信仰の地であったとうかがえる「御岩神社」。

御岩山はかつて夏のひと月しか入れない神聖な山でした。今では各地から登拝者や参拝者が訪れます。

(画像提供:御岩神社)

片道約1時間かけて登ると、息をのむような絶景が広がりますよ。

(画像提供:御岩神社)

境内は巨木がうっそうと生い茂り、梅雨が明けると瑞々しい苔の緑が広がります。

山が育んだ清流、涼しい空気と森の香り、運が良ければ聞こえてくる「かなかなかな…」というひぐらしの声に癒されてください。

■御岩神社
[住所]茨城県日立市入四間町752
[参拝時間]6時~17時 ※御岩山への登拝は6時~15時、社務所は9時~17時まで
[定休日]なし
[料金]参拝無料
[アクセス]【バス】御岩神社前停留所より徒歩2分【車】常磐自動車道日立中央ICより10分
[駐車場]有(160台・無料)
「御岩神社」の詳細はこちら
「御岩神社」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:御岩神社)

国営ひたち海浜公園【ひたちなか市】

爽やかな潮風、青空が広がる海浜公園で、ヒマワリやコキアなど夏の自然を満喫!

(画像提供:国営ひたち海浜公園)

広々とした敷地に季節の草花がたくさん見られる国営ひたち海浜公園は、夏のおでかけにおすすめ。

みはらしの里には、夏の花の代表格であるヒマワリが咲き誇ります。見頃は例年8月中旬なので見逃さないで。

(画像提供:国営ひたち海浜公園)

夏のコキアは爽やかなライムグリーン!ころんと丸いシルエットと柔らかな感触が魅力的なコキアの緑葉は、例年7月中旬~9月下旬が見頃です。少しずつ紅葉していく様子もお楽しみください。

(画像提供:国営ひたち海浜公園)

例年7月下旬~8月上旬に見頃を迎えるジニアは、和名の百日草(ひゃくにちそう)の通り、同じ株に次々とつぼみが付いて花が咲き、長い時期の開花を楽しめます。

夏の強い日差しに負けず、みはらしの里を色とりどりに染めるジニアから元気をもらいましょう!

※花の見ごろ時期は、天候等により前後する可能性があります。

\口コミ ピックアップ/
敷地も広く 1日楽しめます。
周遊のバスで各ポイントを回れるのも助かりました。
子供は絶叫系で楽しんでいました。
(行った時期:2019年8月25日)

■国営ひたち海浜公園
[住所]茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4
[営業時間]9時30分~17時 ※季節により異なる
[定休日]毎週火曜日(祝日の場合は直後の平日)、12月31日・1月1日・2月の第1月曜日からその週の金曜日までは休園 ※季節により毎日開園期間あり
[料金]入園料(乗り物券別途)【大人(高校生以上)】450円【65歳以上】210円【小・中学生】無料 ※季節により異なる
[アクセス]【電車】JR常磐線勝田駅より車で約15分【バス】茨城交通バス海浜公園西口、南口下車すぐ【車】北関東自動車道常陸那珂有料道路ひたち海浜公園ICよりすぐ
[駐車場]有(有料)
「国営ひたち海浜公園」の詳細はこちら
「国営ひたち海浜公園」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:国営ひたち海浜公園)

千波湖【水戸市】

一周約3キロの緑あふれるオアシス。ウォーキングやランニングを楽しむ市民の憩いの場

(画像提供:スナップマート)
(画像提供:スナップマート)

千波湖は水戸市民の憩いのオアシス的スポット。

豊かな緑に包まれた1周約3kmの淡水湖で、周辺には水戸の名勝として知られる偕楽園や茨城県近代美術館、ガラス張りのカフェ、公園などが点在。蒸気機関車D51も展示されています。

(画像提供:水戸市公園緑地課千波湖管理室)
(画像提供:水戸市公園緑地課千波湖管理室)
(画像提供:水戸市公園緑地課千波湖管理室)
(画像提供:水戸市公園緑地課千波湖管理室)

夏はとくに千波公園内にある「せせらぎ広場」がおすすめ。冷たい湧水を汲んで集めた浅瀬は、ひんやりしていて気持ちいいですよ(岩があるので注意してくださいね)。

木陰も多く、暑さをしのいでのんびり過ごすのにぴったりです。

\口コミ ピックアップ/
こんな湖が駅前にあるのは珍しく、素敵なところだなと思います。
すぐ近くに偕楽園もあり、合わせてぶらり散策コースがお勧めです。
(行った時期:2020年8月)

■千波湖
[住所]茨城県水戸市千波町
[アクセス]【電車】JR水戸駅より徒歩15分【車】常磐自動車道水戸ICより30分、北関東自動車道水戸南ICより約20分
[駐車場]有(無料)※梅まつりの期間など、時期により有料
「千波湖」の詳細はこちら
「千波湖」の口コミ・周辺情報はこちら

森林公園【水戸市】

豊かな自然に包まれたスポット。恐竜やマンモスの実物大模型は大迫力!

(画像提供:森林公園管理事務所)

松林や雑木林、湧水など、豊かな自然に包まれた広大な森林公園。

四季折々の風景を眺めることができるほか、恐竜やマンモスなど14体の迫力ある実物大模型が点在する恐竜の森、フィールドアスレチック、ローラーすべり台、ヤギ牧場など楽しめるスポットがあります。

(画像提供:森林公園管理事務所)
(画像提供:森林公園管理事務所)

遊び疲れたら、公園内にある手作りチーズ工房「森のシェーブル館」でひと休みするのがおすすめです。

■森林公園
[住所]茨城県水戸市木葉下町588-1
[営業時間]【4月~9月】6時~19時【10月~3月】8時30分~17時15分
[定休日]なし ※施設により休館日あり
[料金]無料 ※施設により有料
[アクセス]【車】常磐自動車道水戸ICより10分
[駐車場]有(約500台・無料)
「森林公園」の詳細はこちら
「森林公園」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:森林公園管理事務所)

常陸国 出雲大社【笠間市】

人との繋がりを結ぶ「だいこくさま」が見守る、縁結びの神社

(画像提供:常陸国 出雲大社)

農業・漁業・医療・縁結びの神として、幸運開運・商売繁盛・災難除け、人間の死後の霊魂を守護し導く幽冥主宰(かくりよしゅさい)の大神「大国主大神」が鎮座する常陸国出雲大社。

古くから「だいこくさま」として親しまれ、多くの人々から篤い信仰をうけています。見えない縁を結ぶ良縁結びの神様として広い信仰され、単に男女の縁を結ぶだけでなく、人間の幸福を結ぶといわれています。

総ヒノキ造りの本殿と、拝殿にかかる重さ6トン、長さ16メートルの大しめ縄は見ごたえたっぷり。
境内にはレストランやガラスショップ、吹きガラス工房、現代アートギャラリーなども併設されています。

(画像提供:常陸国 出雲大社)

特に、神社オリジナルキャラクター「モクモクフー」の絵画やフィギュアが見られる林彩館も必見!
かわいらしい御朱印帳も、ぜひ手に取ってみてくださいね。

■常陸国 出雲大社
[住所]茨城県笠間市福原2006
[開門時間]8時~17時 ※朱印・御守は9時~17時
[定休日]なし
[料金]参拝無料
[アクセス]【電車】JR水戸線福原駅より徒歩7分【車】北関東自動車道笠間西ICより5分
[駐車場]有(約300台・無料)
「常陸国 出雲大社」の詳細はこちら
「常陸国 出雲大社」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:常陸国 出雲大社)

笠間芸術の森公園【笠間市】

「伝統工芸と新しい造形美術」がテーマの大型公園

(画像提供:笠間市役所 都市建設部管理課)

広大な敷地の中には、イベント広場や野外コンサート広場、大型複合遊具やふわふわドームがある「あそびの杜」、森の中で工芸作品を鑑賞できる「陶の杜」などがあります。

2021年4月には、コンクリートパークとしては国内最大級のスケート広場「ムラサキパークかさま」もオープンしました。スケートボードの国際大会が開催できる規模!

また公園内には、陶芸や工芸に関する作品が展示された「茨城県陶芸美術館」があり、公園に隣接した「笠間工芸の丘・クラフトヒルズ」では、陶芸体験やクラフトアート体験が楽しめます。

(画像提供:笠間市役所 都市建設部管理課)
(画像提供:笠間市役所 都市建設部管理課)

茨城の新しい文化を発信する自然いっぱいの大型公園で、夏を思いっきり楽しみましょう!

■笠間芸術の森公園
[住所]茨城県笠間市笠間2345
[営業時間]8時30分~17時
[アクセス]【車】北関東自動車道友部ICより10分
[駐車場]有(無料)
「笠間芸術の森公園」の詳細はこちら
「笠間芸術の森公園」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:笠間市役所 都市建設部管理課)

雨引観音【桜川市】

7月中旬まで見られるあじさいが見どころ!境内にいる孔雀も探してみて

(画像提供:雨引観音)

雨引観音という名前で親しまれている「雨引山楽法寺」。雨引山の中腹に用明天皇2年に開山され、坂東三十三観音の二十四番札所という歴史のあるお寺です。

本尊は国の重要文化財に指定されている『延命観世音菩薩』で、安産・子育て・厄除け・延命に御利益があると言われています。

例年4月に行われる、日本でも有数の奇祭「マダラ鬼神祭」が有名ですが、その他、桜祭やぼたん祭といった四季折々の花を楽しむ行事も魅力です。

(画像提供:雨引観音)

また、例年6月10日~7月20日に行われるあじさい祭では、境内の至る所に咲く100種5000株ものあじさいを楽しむことができます。その中には雨引観音で命名した「雨引の聖」という品種も!

境内には10羽の孔雀が放し飼いになっているので、運が良ければ花と孔雀が写る素敵な写真が撮れるかもしれませんね♪

■雨引観音
[住所]茨城県桜川市本木1
[拝観時間]8時30分~17時
[拝観料金]無料
[アクセス]【バス】(平日)本木バス停留所より徒歩30分、(土休日)雨引観音停留所より徒歩すぐ【車】北関東自動車道桜川筑西ICより10分
[駐車場]有(500台・無料)
「雨引観音」の詳細はこちら
「雨引観音」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:雨引観音)

アクアワールド茨城県大洗水族館【東茨城郡大洗町】

リニューアルしたばかりのクラゲ展示ゾーンやオーシャンライブは必見!大迫力の水族館

(画像提供:アクアワールド茨城県大洗水族館)

那珂川近くの海岸沿いに佇むアクアワールド茨城県大洗水族館では、茨城から世界中の海、川に暮らす580種もの生き物が飼育されています。

館内は茨城の海を再現した「出会いの海ゾーン」、のんびり泳ぐマンボウや迫力のあるサメの泳ぎを間近で見られる「世界の海ゾーン」など9つのエリアに分かれており、イルカやアシカのパフォーマンスなど、家族やカップルで楽しめるイベントも盛りだくさん!

また、2020年12月には館内が大幅にリニューアル。

新設されたクラゲ大水槽を中心とした幻想的な「クラゲ展示ゾーン」(写真1枚目)、点在したソファで大人もくつろげる「ミュージアムゾーン」、“光と音”を中心とした演出のバリエーションを拡充した「オーシャンライブ」など、新たな見どころも増えていますよ。

(画像提供:アクアワールド茨城県大洗水族館)

\口コミ ピックアップ/
海沿いにある水族館で、非日常感がある。7階まであるということですごい広くて見る時間があるか心配だったが、上の階はそんなに広くないので1時間半~2時間でショーも含めて楽しめる。ショーのバックが海なので、すごい水を感じる開放的な雰囲気。
(行った時期:2020年7月)

素晴らしいパフォーマンスを体験できました。家族みんなで楽しい時間を過ごせました。イルカの大ジャンプにはびっくりしました。
(行った時期:2020年12月)

■アクアワールド茨城県大洗水族館
[住所]茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8252-3
[営業時間]9時~17時(最終入館16時)※季節により変動あり
[定休日]なし(6月と12月に休館日あり)
[料金]【大人(高校生以上)】2000円【小・中学生】900円【幼児(3才以上)】300円【3才未満】無料
[アクセス]【バス】アクアワールド大洗停留所よりすぐ【車】北関東自動車道水戸大洗ICより15分
[駐車場]有(無料)
「アクアワールド茨城県大洗水族館」の詳細はこちら
「アクアワールド茨城県大洗水族館」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:アクアワールド茨城県大洗水族館)

大洗海岸【東茨城郡大洗町】

ビーチコーミングや磯遊びも楽しめる、日本の渚百選にも選ばれた美しい海岸

(画像提供:一般社団法人 大洗町観光協会)

日本の渚百選・日本の白砂青松百選に選定されている大洗海岸。
岩礁に立つ「神磯の鳥居」で広く知られており、鳥居越しに望む日の出が美しいことでも有名。神々しい絶景のパワースポットを一目見たいと、多くの人が訪れています。

近頃は海岸に寄せられる貝殻や流木、シーグラスなどの漂着物を集める「ビーチコーミング」を楽しむ人も。岩と岩の間にできる潮だまりで小魚やヤドカリなどの海の生き物を見つけるのもおすすめです。

海辺で遊ぶ際は、熱中症や滑りやすいため転倒などに注意して遊びましょうね。

(画像提供:一般社団法人 大洗町観光協会)
■大洗海岸
[住所]茨城県東茨城郡大洗町磯浜町地先
[アクセス]【バス】観光情報センター前停留所より徒歩5分【車】東水戸道路水戸大洗ICより15分
[駐車場]有(約1000台・通常無料、GWや夏季シーズンなどは有料となる可能性あり)
「大洗海岸」の詳細はこちら
「大洗海岸」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:一般社団法人 大洗町観光協会)

大洗サンビーチ【東茨城郡大洗町】

北関東最大級の遠浅ビーチで、1日のんびり過ごそう

画像提供:一般社団法人 大洗町観光協会
(画像提供:一般社団法人 大洗町観光協会※写真は過去のものです)

国内でも有数の遠浅のビーチとして知られる大洗サンビーチ。北関東最大級の広さを誇り、サーフィンなどのマリンスポーツも盛んです。

開放感たっぷりの広々とした砂浜と澄んだ海水が特長で、水遊び・砂遊びを楽しむカップルや家族連れに好評です。

周辺にはキャンプ場などもあるので、夏の海をゆっくり満喫しましょう。

\口コミ ピックアップ/
家族で初めて行きました。とても広い砂浜に海も楽しく過ごせました。波打ち際に座ったりして波を楽しんだり、貝を拾ってみたりして帰りに戻して帰りました。
楽しみ過ぎて何時間もいたので、日焼けし過ぎてヒリヒリ痛くなりました。
次回行ったら、長いし過ぎに気をつけて過ごしたいです。
(行った時期:2019年8月)

ゴミなどが無く、きちんと手入れしている砂浜でした。
海の家も何軒かあり、トイレも近くに仮設などあり、ライフセーバーの方も見守っていたので、安心して遊ぶ事が出来ました。
(行った時期:2019年7月)

■大洗サンビーチ
[住所]茨城県東茨城郡大洗町大貫町地先(第1・第2サンビーチ)
[アクセス]【電車】鹿島臨海鉄道大洗鹿島線大洗駅より徒歩15分【車】東水戸道路水戸大洗ICより11分
[駐車場]有(7000台・通常無料、GWや海水浴場の開設期間などは有料となる可能性あり)
「大洗サンビーチ」の詳細はこちら
「大洗サンビーチ」の口コミ・周辺情報はこちら

大洗磯前神社【東茨城郡大洗町】

海辺に立つ神磯の鳥居の神々しさに感動!

(画像提供:大洗磯前神社)
(画像提供:大洗磯前神社)

民を救うために大洗の海に降臨したといわれる大巳貴命・少彦名命をご祭神とする、大洗磯前神社(おおあらいいそさきじんじゃ)。

青い海に陽光を浴びて立つ鳥居も素敵ですが、日が昇る前の鳥居は神々しいまでの美しさ。夏休みの思い出作りにもぴったりです。

夜明け前の静寂の中、神々が降り立ったという伝説が残る神磯の鳥居に一筋の光の道が現れた瞬間、大きな感動が沸き起こりますよ。

陸地のほうへ足を運ぶと、県道をまたいで立つ一の鳥居、社殿へ導く階段の前にそびえる二の鳥居もあります。海をのぞむ高台にある福の神様をじっくりと拝んでください。

\口コミ ピックアップ/
神社は小高い山の上にあり、上まで車で上がることができます。また、駐車場にも余裕があります。こちらの神社で御朱印をいただくことができました。また、鳥居は階段を下りた先の海岸にあります。
(行った時期:2020年6月)

長い階段を上がりきると、静謐な神社が広がります。関東でも有名なパワースポットだそうですが、素晴らしい神社です。境内から見える海も美しいです。
(行った時期:2020年6月)

■大洗磯前神社
[住所]茨城県東茨城郡大洗町磯浜町6890
[営業時間]【開門・閉門時間】4月~9月:6時~18時、10月~3月:6時~17時 ※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、2021年7月現在17時30分で閉門【祈祷・朱印・授与所】9時~16時
[アクセス]【バス】大洗神社前停留所より徒歩すぐ【車】北関東道水戸大洗ICより10分
[駐車場]有(無料)
「大洗磯前神社」の詳細はこちら
「大洗磯前神社」の口コミ・周辺情報はこちら

かねふくめんたいパーク大洗【東茨城郡大洗町】

出来る課程を見て楽しい!出来立てを食べて美味しい!明太子専門テーマパーク

(画像提供:株式会社 東京かねふく めんたいパーク大洗)
(画像提供:株式会社 東京かねふく めんたいパーク大洗)

明太子の老舗「かねふく」が運営する、明太子専門のテーマパーク。

無料見学ができる明太子工場や、できたて明太子の直売店、明太ジャンボおにぎりやめんたいソフトといった明太子グルメが楽しめるフードコートなどがあり、家族連れでもカップルでも楽しめる施設です。

またパークの周辺には、海水浴場に自然公園、レジャー施設や展望施設など観光スポットも多数。
ぜひ観光とあわせて訪れてみてください!

■かねふくめんたいパーク大洗
[住所]茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8255-3(大洗港第二埠頭内)
[営業時間]【平日】9時~17時【土・日】9時~18時
[定休日]年中無休
[料金]入場無料
[アクセス]【車】北関東自動車道(東水戸道路)水戸大洗ICより10分
[駐車場]有(120台・無料)
「かねふくめんたいパーク大洗」の詳細はこちら
「かねふくめんたいパーク大洗」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:株式会社 東京かねふく めんたいパーク大洗)

大洗マリンタワー【東茨城郡大洗町】

地上60mの特等席!大洗のシンボルタワーから夏の海を一望

(画像提供:大洗マリンタワー)
(画像提供:大洗マリンタワー)

全面ハーフミラーで覆われ、波のデザインが目を惹くタワーは、大洗町のシンボルとして広く愛される存在。

地上55メートルにある3階展望室からは360度の大パノラマが広がり、雄大な海はもちろん筑波山や水戸、日立などの市街地を見渡せます。天気が良ければ日光・那須連山、富士山まで一望できますよ。

さらに展望室の「ドルフィンファンタジー」は、イルカにまつわるギリシャ神話を描いた「光る壁画」。そばのロープにミサンガを結ぶと願いごとが叶うとの評判も!

夏のステキな思い出を作ってくださいね。

■大洗マリンタワー
[住所]茨城県東茨城郡大洗町港中央10
[開館時間]9時~18時※感染防止のため閉館時間18時まで。状況により変更の可能性あり
[定休日]12月28日~30日
[料金]【大人(高校生以上)】340円【小・中学生】170円
[アクセス]【車】東水戸道路水戸大洗ICより10分
[駐車場]有(無料)
「大洗マリンタワー」の詳細はこちら
「大洗マリンタワー」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:大洗マリンタワー)

いばらきフラワーパーク【石岡市】

自然のリースやキャンドルづくりを体験!花と森に囲まれた環境を楽しもう

(画像提供:いばらきフラワーパーク)
(画像提供:いばらきフラワーパーク)

「見る」から「感じる」フラワーパークへ、2021年4月にリニューアルをしたばかりのいばらきフラワーパーク。

季節の花々や自然豊かな森に加えて、夏限定の夕方営業で登場する「体感する」特別BBQディナー、森の万華鏡づくりやアジサイのリースづくり、原始の火起こしキットづくりといったアクティビティなど、いばらきの夏を満喫するための様々なコンテンツが盛りだくさん。

(画像提供:いばらきフラワーパーク)

自然を鑑賞するだけでなく、花々の彩りや香りを感じ、そよぐ風音を耳で太陽のぬくもりを肌で感じる夏のひとときを過ごしてみては。

■いばらきフラワーパーク
[住所]茨城県石岡市下青柳200
[営業時間]9時~17時
[料金]【大人】900円【小人】300円【未就学児】無料 ※シーズンにより異なる。詳細は公式HPを確認
[アクセス]【バス】フラワーパーク前停留所より徒歩すぐ
[駐車場]有(無料)
「いばらきフラワーパーク」の詳細はこちら
「いばらきフラワーパーク」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:いばらきフラワーパーク)

ITP47  ITP47

日本を楽しもう!47都道府県の話題スポットや楽しいイベント、美味しいグルメなど、おでかけに関する様々な情報をご紹介します♪

tag

この記事に関連するエリア