ライター紹介この記事を書いた人

青森県の津軽半島エリアにある、おすすめのドライブスポットをご紹介!定番から穴場まで。レンタカーで観光してみては?
「竜泊ライン」などのドライブコースや、津軽海峡を一望できる岬などの絶景、ドライブの休憩がてら美味しいグルメを楽しめる道の駅などオススメスポットが盛りだくさん!

記事配信:じゃらんレンタカー

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

龍飛崎

津軽国定公園龍飛崎は津軽半島の最北端、津軽海峡に突き出た岬。
周辺は灯台を中心に遊歩道となっており、晴れた日には津軽海峡を挟んだ北海道まで見渡せる。
また、国道でありながら日本で唯一、車の往来ができない「階段国道」もある。

\口コミ ピックアップ/
外ヶ浜町にある龍飛崎では、広い津軽海峡を一望できます。天気が良い日の景色、朝日や夕日は素晴らしいです。
(行った時期:2017年5月)

天気が良かったこともあるが北海道がよく見えた。
ここに至る風景も旅情あり行く価値あり。岬までほぼ車で行けるので便利です。
(行った時期:2018年8月)

龍飛崎

所在地 〒030-1711 青森県東津軽郡外ヶ浜町字三厩龍浜
その他情報 規模 :高さ100m
お問い合わせ 0174-37-2001
「龍飛崎」の詳細はこちら

十三湖

津軽半島の中ほど、岩木川が日本海に注ぐ地に十三湖はあります。淡水と海水の混ざり合った汽水湖で、特産品であるしじみは全国的に有名です。

\口コミ ピックアップ/
本当に信じられないくらい青の色が幻想的で、とても不思議でした。少しアップダウンがありますが、落ち葉やウッドチップが敷き詰められていて柔らかく、歩きやすかったです。裏の方にある湖も神秘的な青さでキレイでしたが人が少なく、ゆっくり写真が撮れました。
(行った時期:2017年8月)

十三湖はとても広々としていて、のんびりと素敵な時間を過ごすことができました。また、機会があればいきたい。
(行った時期:2016年8月)

十三湖

所在地 〒037-0403 青森県五所川原市十三
お問い合わせ 0173-38-1515
「十三湖」の詳細はこちら

徐福像

約2,200前、秦の始皇帝に仕えた徐福が、不老不死の薬草を求めてやってきたとされている。徐福像ははるか海の向こうの故郷、中国を見すえている。

\口コミ ピックアップ/
ガイドブックで見て、興味をそそられ行ってみました。
とても立派な像で、曲線が美しいです。像の近くには徐福関しての案内板も隣にありました。
(行った時期:2018年1月)

とても立派な像で、曲線が美しいです。白っぽい像が珍しいなと思っていたのですが、白御影石を使っているそうです。劣化損傷などもなくとても綺麗でした。
(行った時期:2017年2月)

徐福像

所在地 〒037-0538 青森県北津軽郡中泊町大字小泊字下前 徐福の里
交通アクセス (1)津軽中里駅からバスで70分
お問い合わせ 0173-57-2111
「徐福像」の詳細はこちら

竜泊ライン

竜飛と小泊村を結ぶ全長20kmのワインディングロード。海の眺めだけでなく、新緑や紅葉も見事。峠の眺瞰台から、北に竜飛崎や北海道、南に十三湖や岩木山も見晴らせ、夕陽がことに美しい。小泊側は急カーブが連続し、曲がるたびに海と山の眺めがめまぐるしく入れ替わる。夏には沖合いに浮かぶ漁火が見ものだ。

津軽随一の眺望との呼び声も高い

\口コミ ピックアップ/
絶好のドライブコースでした。海岸線が目の前に広がり、広々とした海眺めながらのドライブは気持ちよかったです。夕陽も綺麗だろうなと思います。
(行った時期:2017年9月)

龍飛崎から小泊に抜けるワインディングロードです。山を抜けて海に出ると、権現崎も見え、七つ滝があったりとドライブにぴったりです。小泊で権現崎方面に向かうとライオン岩があって、橋の欄干にはライオン像やフェニックス像があって楽しいですよ。
(行った時期:2018年9月)

竜泊ライン

所在地 〒030-1711 青森県東津軽郡外ヶ浜町三厩
交通アクセス (1)東北道青森ICよりR280経由2時間
営業期間 営業:通行自由
休業:11月中旬~翌4月上旬、期間中は通行自由
料金 大人:入場料無料
その他:通行無料
駐車場 周辺無料Pあり
「竜泊ライン」の詳細はこちら

ライオン岩

全体が石英安山岩で構成されている。獅子がねそべっているような形で,長くつき出し,突端はけわしい断崖。

\口コミ ピックアップ/
近くでみると本当にライオンの形をしているのでびっくりしました。
自然の雄大さを感じられて、行って良かったです。
(行った時期:2018年7月)

国道135号線を伊東市赤沢から海沿いの道にあります。頭部が特にライオンによく似ていました。その堂々たる佇まいも百獣の王であるライオンにそっくりでした。
(行った時期:2017年12月)

ライオン岩

所在地 〒037-0500 青森県北津軽郡中泊町権現崎国有林
お問い合わせ 0173-57-2111
「ライオン岩」の詳細はこちら

大沼公園

大沼一周できる遊歩道は「縄文の橋」と日本一長い屋根付の「東日流館橋(つるがやかたばし)」があり途中遊具も備えている。

\口コミ ピックアップ/
ドライブでずっと運転していたので、一息入れるために立ち寄らせていただきました。駐車場もあるので、便利でした。
(行った時期:2017年8月)

函館観光の定番。天気が良ければここの景色はとても美しいと思います。小さな島をそれぞれ橋が繋いていてゆっくりと散策できます。
(行った時期:2017年6月)

大沼公園

所在地 〒037-0401 青森県五所川原市相内岩井81-1
交通アクセス (1)津軽鉄道津軽中里駅から車で20分
バリアフリー設備 車椅子対応トイレ:○(2)
その他情報 面積 :15ha
お問い合わせ 0173-34-9555
「大沼公園」の詳細はこちら

権現崎

日本海の荒々しい波打ち際に、獅子がねそべっているように座っている。北側には竜泊ライン、南側は津軽の霊峰岩木山を初め西海岸の四季折々の勇壮な姿が眺められ、足元は鋭い崖となって海に落ち込んでいる/海抜229m

\口コミ ピックアップ/
景観がとても良いです。日の出日の入りの時は特に素晴らしい景色を見ることが出来ます。最寄り駅は遠いので、車でしか行けませんが、十分に価値はあります。
(行った時期:2017年5月)

家族みんなで行ってきました。ドライブがてら行ってきましたが大満足でした。本当に綺麗で感動しました。また行きたいです
(行った時期:2017年2月)

権現崎

所在地 〒037-0300 青森県北津軽郡中泊町小泊地区
交通アクセス (1)津軽中里駅からバスで70分
漁協小泊から徒歩で180分
お問い合わせ 0173-57-2111
「権現崎」の詳細はこちら

黒滝

高さ11mの雄大な滝で、その迫力はまさに絶景。

\口コミ ピックアップ/
近くで見ることが出来、マイナスイオンをしっかり浴びることができました。新緑の頃も良いのですが、紅葉の時期もまたがらりと雰囲気が変わっておすすめです。
(行った時期:2017年5月)

水量が多くて、迫力がある滝です。周囲はとても緑が豊富なので、神秘的な光景でした。マイナスイオンもたっぷりで、とても良い場所でした。
(行った時期:2017年5月)

黒滝

所在地  青森県東津軽郡蓬田村
お問い合わせ 0174-27-2111
「黒滝」の詳細はこちら

松前街道

津軽国定公園入口にある、樹齢約300年の老黒松並木の旧街道。
松前藩が参勤交代の道として利用し、その名が付いた。

\口コミ ピックアップ/
松前藩の参勤交代の際に通っていた道ですが、綺麗に舗装されています。ただ、黒松が綺麗に並んでいて、樹齢300年以上あるそうで、とても歴史を感じました。
(行った時期:2017年11月)

津軽国定公園へ行く途中にありました。道の幅はとても広かったです。両わきには黒松が見事に並んでいて、まるで黒松のアーチのようになっていました。
(行った時期:2017年5月)

松前街道

所在地 〒030-1402 青森県東津軽郡外ヶ浜町字平舘
交通アクセス (1)蟹田駅からバスで30分
その他情報 規模 :延長1km
お問い合わせ 0174-31-1228
「松前街道」の詳細はこちら

縄文沼遺跡

住居跡群や、石囲い埋よう炉などから約3000年前の縄文晩期から弥生時代までの複合遺跡。

\口コミ ピックアップ/
友達とクルマで行きました。遺跡巡りが好きな方にオススメなスポットです。縄文時代から弥生時代の複合遺跡です。写真もたくさんとれて満足です。
(行った時期:2016年8月)

教科書で見るものとは印象が全然違っていました。やっぱり写真で見るのとはリアリティが全然違いますね。3000年も前のものが残っていることがすごいと思いました。
(行った時期:2017年12月)

縄文沼遺跡

所在地 〒037-0522 青森県北津軽郡中泊町小泊中小泊山
交通アクセス (1)津軽中里駅からバスで70分
お問い合わせ 0173-57-2111
「縄文沼遺跡」の詳細はこちら

靄山

独立してそびえる山で、山頂からは岩木山や十三湖、権現崎や白神山地などを望むことができ、隠れ名山として紹介されたこともあります。

\口コミ ピックアップ/
日本のピラミッドともいわれています。本当にピラミッドのように綺麗な形をしていました。頂上からの景色も綺麗ですが、外側から眺めるだけでも美しかったです。
(行った時期:2017年12月)

絵に書いたような山なので、とってもシンプルです。
思っていたよりも小さかったですが可愛い山で癒やされました。
(行った時期:2018年7月)

靄山

所在地 〒037-0405 青森県五所川原市脇元
交通アクセス (1)津軽鉄道津軽中里駅からバスで50分
その他情報 標高 :152m
お問い合わせ 0173-62-3685
「靄山」の詳細はこちら

高野崎

キャンプ場・海水浴場としてにぎわう。材木状の柱状節理が露出。津軽国定公園。

\口コミ ピックアップ/
目の前に広がる一面の海が素晴らしいです。船が時折走るのが見れて楽しめます。岬の下にも降りる事ができます。
(行った時期:2016年8月)

ドライブ休憩がてら立ち寄りました。真っ青な綺麗な風景を楽しめました。お天気がよいと北海道が見れる時もあります。お天気がよい日がオススメ。
(行った時期:2016年8月)

高野崎

所在地 〒030-1513 青森県東津軽郡今別町大字袰月字村下地内
交通アクセス (1)今別駅からバスで20分
料金 備考:キャンプ場有り:6月1日~9月30日までの期間 テント1張1泊500円
その他情報 規模 :高さ70m
お問い合わせ 0174-35-3012
「高野崎」の詳細はこちら

眺瞰台

眼下に竜飛崎・権現崎・岩木山・十三湖・八甲田の山並み・陸奥湾・北海道・大島・小島等、見事な景観と日本海に沈む夕日と水平線を埋めつくす漁火が魅了します。/海抜475m

\口コミ ピックアップ/
ダイナミックな地形になっていて、道路もアグレッシブな走りをすることができます。ドライブするのが楽しい道です。
(行った時期:2016年6月)

海の美しさ、地形の美しさを一度に感じられる場所です。絶景が幅広く広がっている場所なので、車を止めて何十分眺めていても飽きません。
(行った時期:2010年5月)

眺瞰台

所在地 〒030-1701 青森県北津軽郡中泊町北小泊山
交通アクセス (1)竜飛岬から車で30分
バリアフリー設備 盲導犬の受け入れ:○
車椅子対応トイレ:○
車椅子対応スロープ:○
お問い合わせ 0173-57-2111
「眺瞰台」の詳細はこちら

大沢内溜池

湖岸線の水域には、ヒシ,エゾノミズタデ等の大群落が見られる。

\口コミ ピックアップ/
時期によってため池内の水の量が違います。水が多い時と少ないときで印象ががらりと変わるので、是非どちらも行ってみて比べてほしいです。個人的には5月ごろの水が多い時期がおすすめです。
(行った時期:2016年5月)

このあたりはサギやキジのえさ場になっているので、野鳥観察をすることもできます。とても大きな池は公園のシンボルになっています。
(行った時期:2017年7月)

大沢内溜池

所在地 〒037-0305 青森県北津軽郡中泊町中里地区
交通アクセス (1)津軽鉄道大沢内駅から徒歩で10分
その他情報 面積 :64ha
時期 :通年
お問い合わせ 0173-57-2111
「大沢内溜池」の詳細はこちら

鋳釜崎

ローソク岩・犬岩などの奇岩が連続している。津軽国定公園。

\口コミ ピックアップ/
人生で少なくとも一度は行ってみたかった場所でした。実際に行って良かったなぁと思う素晴らしい場所でした。また行きたいです。
(行った時期:2016年2月)

奇岩や尖った岩肌が続く海岸線が見応えありでした。波が荒々しい時にきたので、泡が雪のように舞っていました。
(行った時期:2016年6月)

鋳釜崎

所在地 〒030-1512 青森県東津軽郡今別町大泊字鋳釜地内
交通アクセス (1)今別駅からバスで17分
料金 備考:キャンプ場有り:6月1日~9月30日までの期間 テント1張1泊500円
その他情報 規模 :高さ70m
お問い合わせ 0174-35-3012
「鋳釜崎」の詳細はこちら

道の駅 十三湖高原「トーサムグリーンパーク」

道の駅 十三湖高原「トーサムグリーンパーク」

出典:じゃらん 観光ガイド 道の駅 十三湖高原「トーサムグリーンパーク」

ここは、津軽国定公園の一角で、広い放牧場の高台にあり、ロケーションの良さが売りの一つだ。十三湖があって日本一美味と折り紙付きしじみ貝の産地でもある。売店では、「活きしじみ」をはじめ、しじみ加工食品の人気が高い。展望台からは、秀峰岩木山をはじめ360度の景観が満喫でき、二階からゴムローラー滑り台(全長136m)を無料で楽しめる。

\口コミ ピックアップ/
敷地内にはローラー滑り台もあり、晴れた日には周辺を散策してみるのもよさそうな場所です。
売店には十三湖のしじみを使ったお土産も並んでいます。
(行った時期:2017年5月)

シジミの加工品がたくさんあってお土産を購入するのによかったです。ローラー滑り台もあって面白い場所でした
(行った時期:2017年9月)

道の駅 十三湖高原「トーサムグリーンパーク」

所在地 〒037-0401 青森県五所川原市相内実取287-1058
交通アクセス (1)東北自動車道・浪岡I.Cから車で75分
津軽鉄道 中里駅から車で15分
JR五所川原駅から車で45分
営業期間 開設:4月~10月 9:00~18:00
開設:11月~3月 9:00~17:00
休業:休業日: 年末年始、レストラン/冬期間休業日あり(要問合せ)
その他 物品販売コーナー
レストラン
バリアフリー設備 車椅子対応スロープ(玄関)
車椅子対応トイレ:1
お問い合わせ 0173-62-3556
「道の駅 十三湖高原「トーサムグリーンパーク」」の詳細はこちら

道の駅 いまべつ 「半島ぷらざアスクル」

道の駅 いまべつ 「半島ぷらざアスクル」

出典:じゃらん 観光ガイド 道の駅 いまべつ 「半島ぷらざアスクル」

今別町は津軽半島北部の中央に位置し、海岸線は、津軽国定公園であり、北海道と下北半島を望み、本州と北海道を結ぶ『青函トンネル出入口の町です。施設内には津軽半島の観光案内、釣り情報、列車案内等の情報提供をしている。特産品の販売等を通して加工品を紹介。

\口コミ ピックアップ/
珍しい感じの道の駅です。楽しめました。美味しくて新鮮な食材が食べられたり買えたりしますのでオススメです。レストランが気に入りました。
(行った時期:2016年8月)

とても楽しい雰囲気のある道の駅で、いい感じだなと思いました。また、建物もなんだか可愛かったですー。また、いきたい。
(行った時期:2016年8月)

道の駅 いまべつ 「半島ぷらざアスクル」

所在地 〒030-1505 青森県東津軽郡今別町大字大川平字清川87-16
営業期間 営業時間:4月~11月 11:00~16:00
営業時間:12月~3月 11:00~15:00
休業日:無休
バリアフリー設備 車椅子対応トイレ:2
車椅子対応スロープ
お問い合わせ 0174-31-5200
「道の駅 いまべつ 「半島ぷらざアスクル」」の詳細はこちら

道の駅 みんまや「龍飛岬」

道の駅 みんまや「龍飛岬」

出典:じゃらん 観光ガイド 道の駅 みんまや「龍飛岬」

「道の駅」龍飛岬は、国道339号沿いにあり、地形的には津軽半島の最先端に設置しております。一帯は津軽国定公園に指定されており、豊富な自然に恵まれ、風光明媚な風景は他の観光地の追随を許さない厳しさがあります。

\口コミ ピックアップ/
青函トンネルの状況が分かりやすく展示しています。天気が良ければ北海道が綺麗に見えます。すばらしい景色です。
(行った時期:2017年8月)

道の駅 みんまや「龍飛岬」

所在地 〒030-1711 青森県東津軽郡外ヶ浜町三厩龍浜99
交通アクセス (1)三厩駅から車で30分
営業期間 営業時間:8:40~17:00 最終入館16:30
休業:2017年11月8日~2018年4月下旬 展示ホールのみの営業期間あり(要問合せ)
その他 レストラン
売店(直売所)
バリアフリー設備 車椅子対応トイレ:2
車椅子対応スロープ
お問い合わせ 0174-38-2301
「道の駅 みんまや「龍飛岬」」の詳細はこちら

道の駅 こどまり

道の駅 こどまり

出典:じゃらん 観光ガイド 道の駅 こどまり

近海産魚介類の加工品などの郷土物品の販売を行っています。また、レストラン「竜泊」では美しい砂浜を眺めながら食事をすることもできます。

\口コミ ピックアップ/
周辺に休憩できる場所が少ないので、ドライブの休憩ポイントになると思います。
スナックコーナーを兼ねたお土産コーナーと、海鮮メインのレストランがあります。
(行った時期:2018年5月)

ドライブ途中に軽食が食べたかったので、立ち寄らせていただきました。駐車場もあるので、便利な道の駅でした。
(行った時期:2017年8月)

道の駅 こどまり

所在地 〒037-0500 青森県北津軽郡中泊町大字小泊字折腰内45
交通アクセス (1)五所川原市から車で50分
その他情報 事業者 :中泊町水産観光課
お問い合わせ 0173-27-9300
「道の駅 こどまり」の詳細はこちら

道の駅 たいらだて「oh!だいば」

道の駅 たいらだて「oh!だいば」

出典:じゃらん 観光ガイド 道の駅 たいらだて「oh!だいば」

道の駅「たいらだて」は外ヶ浜町平舘地区の北側の津軽国定公園内に位置しています。津軽国定公園には、国道280号沿いに松並木が続く松前街道、陸奥湾を一望する砂浜の海水浴場、全国的にも珍しい国道沿いの白亜の灯台があり、背後に並ぶ丸屋形岳、袴腰岳などと一体となった自然があります。キャンプや海水浴、登山など一箇所で楽しめる環境です。

\口コミ ピックアップ/
国道280号沿いの道の駅でドライブ途中休憩に立ち寄るのに、景色の良いおすすめのスポットです。
(行った時期:2017年5月)

津軽半島を反時計回りに観光の際に利用しました。
海沿いにも近くドライブ休憩に立ち寄るのに良いです。
駐車場は広々としています。
(行った時期:2017年8月13日)

道の駅 たいらだて「oh!だいば」

所在地 〒030-1402 青森県東津軽郡外ヶ浜町平舘太郎右エ門沢1番地3(国道280号沿い)
営業期間 営業時間:8:00~17:00
営業時間:日土 11:00~14:00 レストラン 毎週土・日曜日 午前11時~午後2時まで(※1日30食限定)
バリアフリー設備 車椅子対応トイレ:3
お問い合わせ 0174-31-2211
「道の駅 たいらだて「oh!だいば」」の詳細はこちら

※この記事は2018年11月時点での情報です
※掲載している情報が実際と異なる場合があります。実際の交通規制標識・表示等に従ってください

ITP47

日本を楽しもう!
47都道府県の話題スポットや楽しいイベント、美味しいグルメなど、おでかけに関する様々な情報をご紹介します♪