金時人参

甘くて柔らかい!なにわの伝統野菜、金時人参

金時人参とは

鮮やかな紅色が目を引く金時人参は、大阪府浪速区付近で江戸時代から栽培が始まり、かつては大阪人参とも呼ばれていました。肉質は柔らかく、甘みが強いのが特徴です。なますや雑煮の具など、お正月料理には欠かせない伝統野菜です。


※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

大阪の他の人気ご当地グルメ

  • イカ焼き

    大阪のイカ焼きはいわゆるイカの姿焼きではなく、切り身をクレープのような小麦粉の生地と一緒に鉄板で挟み...

  • ねぎ焼き

    ねぎ焼きは、お好み焼とはまた違う味わいを持ち、薄めの生地に、これでもかと言うくらい山盛りのネギ、更に...

  • どて焼き

    牛のすじ肉を白味噌等の入ったダシでじっくり煮込んだもの。味噌の土手で囲んで焼き、溶け出た汁で煮込んだ...

  • かすうどん

    「油かす」をトッピングしたウドンです。この「油かす」は南河内で伝統的に食されていた食材で、ホルモン(...

(C) Recruit Lifestyle Co.,Ltd.
リクルートグループサイトへ