ながもとは

一般的にはアカモクと呼ばれている海藻の1種です。1〜3月にかけて漁が行われるため、その時期しか生では食べることができません。湯煎すると、褐色から鮮やかな緑色に変わり、粘り気が出ます。しゃきしゃきしているので、同じ粘り気があるもずくなどとは違った食感が楽しめます。味噌汁の具材にしたり、ご飯の上にかけて食べます。


※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

新潟の他の人気ご当地グルメ

  • いももち

    新潟県の佐渡小木地区では、さつまいも栽培が非常に盛んです。無農薬栽培で作られたサツマイモは甘みがあり...

  • めかぶ

    めかぶはワカメの根元部分のことで、あえ物や酢の物など、さまざまなめかぶを使ったレシピがあります。抗が...

  • へぎそば

    へぎそばは、新潟県魚沼地方で生まれたお蕎麦です。蕎麦粉につなぎとして布海苔という海藻を練り込んでいま...

  • 鯛茶漬け

    鯛茶漬けは、日本海側トップクラスの鯛の名産地、柏崎ならではのご当地どんぶりです。鯛めしの上に、鯛の香...

(C) Recruit Lifestyle Co.,Ltd.
リクルートグループサイトへ