こだますいかとは

茨城県の西部に位置する筑西市・桜川市周辺は、昼と夜の気温の差が大きいため美味しいすいかの栽培に適しています。糖度が12度以上と大玉のすいかと比べて高く、皮の際まで美味しく食べることができます。冷蔵庫で冷やしやすい手頃な大きさも人気の理由です。


※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

茨城の他の人気ご当地グルメ

  • 茨城の鯉

    茨城県は鯉が特産品で、鯉こくや鯉寿司、うま煮などの鯉を使った料理が今でも受け継がれています。特に鯉こ...

  • けんちんうどん

    けんちんうどん(つけけんちんそば)は、暖かいけんちん汁に冷たいソバをつけ麺の要領でくぐらせて食べる茨...

  • ほしいも

    茨城県は干し芋の生産量が全国一位です。蒸して温めたサツマイモをスライス状にした「切干し」が一般的です...

  • 茨城のなまず

    茨城県の霞ヶ浦では、アメリカナマズ(チャネルキャットフィッシュ)という種類のナマズを養殖しています。...

(C) Recruit Lifestyle Co.,Ltd.
リクルートグループサイトへ