清水サバとは

清水サバは、身に胡麻を散らしたような斑点のあるゴマサバです。土佐清水市の名産品で、激流を泳ぎ、豊富なエサを食べて、身が引き締まった美味しいサバが育ちます。秋から冬にかけては、特に脂がのっており、トロにも負けない味わいで、刺身にするとより旨味を感じることができます。


※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

高知の他の人気ご当地グルメ

  • 文旦

    文旦(ぶんたん)は、高知を代表する柑橘系のフルーツです。和名はザボンと言い、分厚い皮が特徴的で、その...

  • おくら

    生鮮品売り場で体にいいとされる「ねばねばきょうだい(長いも、めかぶ、納豆など)」のひとつおくら。毎日...

  • かつお

    高知県土佐の鰹の一本釣りは有名で、400年以上の歴史をもつ伝統的な漁法の1つです。特に「目に青葉 山ほと...

  • 川エビ

    春から夏にかけて四万十川などで漁獲される川エビは別名「手長エビ」とも呼ばれ、雄の持つハサミが体長より...

(C) Recruit Lifestyle Co.,Ltd.
リクルートグループサイトへ